CHEMKIN-PRO

概要

CHEMKIN-PROとは

使用イメージ

CHEMKIN-PROは反応速度論にもとづく化学反応シミュレーションソフトウェアです。
気相中および固体表面上の反応について、化学反応を「素反応」の集合として表現する「詳細反応機構」を用いることにより、反応物、生成物のみならず中間生成物などを含む多数の化学種について、反応の進行に伴う組成変化や温度変化などのシミュレーションを行うことができます。

CHEMKIN-PROでは、解析対象とする反応系の特徴に応じてモデル化された様々な「反応器モデル」を利用し、流れを伴う化学反応を容易に取り扱うことを可能としています。
また、詳細反応機構の構築をサポートする各種機能が取り揃えられています。

CHEMKIN-PROは、使いやすさ、精度の良さ、計算の速さを兼ね備えており、全世界で化学反応解析ソフトウェアのデファクトスタンダードとして用いられています。
適用分野は自動車エンジンやガスタービンの燃焼解析、半導体材料製造プロセスの解析、プラズマ反応プロセスの解析など多岐にわたります。

適用分野

エンジン内燃焼
圧縮自着火過程の解析/ノッキング特性の解析/熱損失の影響予測
ガスタービン内燃焼
排ガス組成の解析/リーンバーン特性の解析
燃料の燃焼特性解析
予混合層流火炎/対向流拡散火炎/層流燃焼速度の推算/リーンバーン特性の解析
触媒表面反応
触媒表面反応メカニズムの解析/ライトオフ特性の解析/ハニカムモノリス型触媒反応器の解析
材料プロセッシング
CVD(化学気相蒸着法)やALD(原子層堆積法)による製膜過程のシミュレーション
製膜過程における表面反応メカニズムの解析/エッチング特性の予測
プラズマ反応プロセスのシミュレーション

ANSYS, Inc. について

ANSYS社

CHEMKIN-PRO開発元 ANSYS, Inc. は、1970年に Swanson Analysis Systems, Inc.として設立され、さまざまな産業分野の製品開発に携わる技術者を支援するシミュレーションソフトウェアを提供している会社です。

(注) CHEMKIN-PROの開発・販売元である Reaction Design(米国)は、2015年12月31日付で親会社であるANSYS, Inc. (米国)に吸収され、Reaction Design製品の開発と販売は、ANSYS, Inc.へ 引き継がれることになりました。

関連製品

COSMOtherm
熱力学物性推算ソフトウェア
MedeA
材料設計支援統合システム
ADF
量子化学計算ソフトウェア
Gaussian
量子化学計算ソフトウェア
Molpro
量子化学計算ソフトウェア
MOPAC2016
量子化学計算ソフトウェア
TURBOMOLE
量子化学計算ソフトウェア