CULGI

概要

マルチスケールシミュレーションのための計算科学統合ライブラリ

CULGI GPEChemistry Unified Language Interface (CULGI)は、マルチスケールシミュレーションの実現を目的として設計された計算科学統合ライブラリです。高分子・界面活性剤・生体膜・コロイド・超分子など、マルチスケール現象が共通して見られるソフトマターの研究においては、各スケールをターゲットとする計算手法の組み合わせによって、スケール横断的にシミュレーションを行うことが求められます。CULGIは、ライブラリ提供という利点を持つため、既存のアプリケーションソフトウェアでは困難な、ユーザによる自由な計算手法の組み合わせを容易にする拡張性と柔軟性の高い新しい研究ツールを提供します。

CULGIライブラリには、空間的・時間的に多様なスケールの様々な物理・化学現象を取り扱えるよう、以下の主要計算ライブラリが含まれます。

また、計算のプレ・ポスト処理用のツールとして、モデル構造の構築、データの解析、グラフ表示や3次元アニメーション表示といった可視化用のライブラリが含まれます。CULGIライブラリはC++言語で書かれた高速ライブラリですが、PythonやTclといった使いやすいスクリプト言語からもアクセス可能な形で提供されています。さらに、CULGI製品には、スクリプト作成を強力に支援するグラフィカルユーザインターフェース(GUI)であるCULGI Graphical Programming Environment (GPE)が付属します。オブジェクト指向に基づいて整備されたCULGIライブラリとCULGI GPEを使用することで、ユーザはマウスの簡単な操作のみで独自の計算プログラムを簡便に構築することができます。

計算科学のプロフェッショナルによる充実したユーザーサポート

mappingCULGIは、動的密度汎関数法(DDFT)1, 2の考案者であるDr. FraaijeがCSOを務めるCULGI社によって開発が行われているソフトウェアです。CULGI社のスタッフは、物理・化学分野でのPh.D.を持つ技術者、およびGUIの開発を担うソフトウェア技術者で構成されています。ユーザーサポートは、製品の使用方法に関するお問い合わせだけでなく、モデル作成などのご相談を含めた充実したサポートを提供しています。CULGI社は、ハイブリッド法のような先進のアルゴリズムの開発をはじめ、ユーザーニーズを的確に反映した製品の開発を進めています。

1) J. G. E. M. Fraaije, J. Chem. Phys., 99, 9202 (1993).
2) J. G. E. M. Fraaije, B. A. C. van Vlimmeren, N. M. Maurits, M. Postma, O. A. Evers, C. Hoffmann, P. Altevogt, and G. Goldbeck-Wood, J. Chem. Phys., 106, 4260 (1997).

CULGIホームページ

CULGI開発元 CULGI社ホームページ もあわせてご覧ください。

関連製品

SciMAPS
材料設計支援プラットフォーム