宮本研究室開発ソフトウェア

概要

従来の計算化学は、すでに物性や反応性が実験的に理解されている材料に対して、実験では解明することが困難な電子・原子レベルでの情報を得ることが主目的とされてきました。これに対して、東北大学大学院工学研究科 宮本 明教授の研究室で開発された計算化学ソフトウェアは、計算化学を材料探索の高速スクリーニング手法として活用することを可能にした世界初の画期的な計算化学システムです。
具体的には、周期表のありとあらゆる元素に対して、目的とする材料特性を発現させる可能性を本システムにより高速に評価することで、従来の計算化学では不可能であった高速スクリーニングに基づく効率的な材料探索、材料設計が可能となりました。
本ソフトウエアの有効性は、固体触媒、錯体触媒、吸着材、吸蔵材料、セラミックス材料、半導体、発光材料、超伝導材料、エレクトロニクス材料、トライボロジー材料、電池材料、膜分離材料などの様々な材料設計・開発において確認されています。また、本ソフトウェアによって設計された材料の特許出願も多数あります。

宮本研究室開発ソフトウェアは、下記のグラフィックスインタフェースと計算プログラムから構成されます。稼働環境はこちらをご覧ください。

高速化量子分子動力学計算プログラム
  • Colors (高速化量子分子動力学計算プログラム)
  • Colors-Excite (励起状態高速化量子分子動力学計算プログラム)
  • Colors-Rare Earth (希土類対応高速化量子分子動力学計算プログラム)
  • Colors-Cond (電気伝導シミュレーション用高速化量子分子動力学計算プログラム)
  • Macro-Cond (電気特性モンテカルロシミュレーション)
  • Electroluminescence Device Simulator (デバイス特性モンテカルロシミュレーション)
  • Hybrid-Colors (ハイブリッド量子分子動力学計算プログラム)
力場計算プログラム
  • MONTA (モンテカルロ計算プログラム)
  • NEW-RYUDO (分子動力学計算プログラム)
  • NEW-RYUDO-IR (IR・ラマンスペクトル予測分子動力学計算プログラム)
  • NEW-RYUDO-CR (化学反応計算対応分子動力学計算プログラム)
トライボロジーシミュレーション
  • TRIBOSIM (トライボロジーシミュレータ)
熱伝導特性シミュレーション
  • THERMOSIM (熱伝導特性シミュレータ)
ポーラスマテリアルシミュレーション
タンパク質相互作用評価システム
  • MIAX (タンパク質相互作用評価)
  • Rigix (フレキシビリティ解析)
モデリングツール・表示ツール
  • NEW-RYUGA (グラフィックスインターフェース)
  • NEW-RYUKI (モデリングプログラム)
パラメータ開発ツール

宮本研究室ホームページ

開発元宮本研究室ホームページもあわせてご覧ください。
(旧ホームページはこちらからご覧いただけます)