MOE 抗体設計アプリケーション紹介セミナー

近年、抗体医薬品開発を効率化するためにインシリコによる合理的な設計が益々重要となっています。抗体に用いられる計算化学的な手法として、低分子で用いられてきた構造活性相関や構造物性相関、ドッキングシミュレーションに加えて新しいアプローチが必要とされます。

 統合計算化学システム MOEは、低分子、ペプチド、抗体、核酸などの広範なスケールの分子の設計に活用でき、創薬モダリティーに対応したソフトウェアです。ホモロジーモデリング、タンパク質デザイン、バーチャルファージディスプレイ、エピトープマッピング、分子表面解析、物性推算、化学的修飾候補部位の検出など抗体設計に活用できるアプリケーションがMOEには統合されています。このセミナーでは、抗体モデリング、タンパク質間相互作用解析、Developability(開発可能性)の評価の観点から、MOEを用いた抗体設計における活用事例を紹介します。

 ◇統合計算化学システム 「MOE
創薬・生命科学研究のための統合計算化学プラットフォーム。
ドッキングシミュレーション、SAR解析、ファーマコフォア解析、母核置換、タンパク質モデリング/デザインなどの多様なアプリケーションを統合。化合物、タンパク質、抗体、核酸、複合体、孤立分子系から分子凝集系まで様々な分子系の構築や相互作用解析が可能。

創薬・生命科学研究に携わる方々のご参加をお待ちしております。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のために、紹介セミナー(2021年8月開催)はウェビナー形式で開催させていただきます。
大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解頂けますよう宜しくお願いいたします。

日時・場所

開催日 時間(受付) 定員 受付状況 会場
8月18日(水) 14:00-16:00
(音声映像テスト:13:45~)
なし 受付中 ウェブ

参加費

無料

予定

時間 講演内容
14:00 – 14:30 MOE 概要
14:30 – 16:00 MOE 抗体設計アプリケーション

ウェビナーでの参加の注意点

・ウェビナーへのログインはTeamsアプリ(推奨)、Microsoft Edge、Chromeのいずれかで行ってください。
・弊社から指定したログイン名でウェビナーにログインください。ログイン名は参加申し込み時にご連絡いたします。
・ご質問時間以外はマイクはOFF設定にしてください。
・ウェビナーの動作保証は弊社ではいたしかねます。

参加申し込み

以下項目をご記入の上、受付窓口()にメールを送付ください。

①コース名「MOEの抗体設計アプリケーション紹介セミナー」
②参加日
③お名前とフリガナ
④貴社名(貴学名)
⑤ご所属(部署名/研究室名)
⑥ご住所
⑦メールアドレス
⑧電話番号

1営業日以内にいただいたメールアドレスに「受付確認メール」を送信いたします。
「受付確認メール」が届かない場合は、申し込みが正式に完了していない可能性がありますので、お手数ですがお問い合わせ窓口までご連絡くださるようお願いします


各セミナーの締切日は、開催日の5日前とさせていただきます。
参加人数によりまして開催を中止させていただくことがございます。予めご了承ください。

※ 弊社の個人情報取り扱い規定については、こちらをご覧ください。