タンパク質立体構造情報データベースシステム 『PSILO』 紹介セミナー

「PSILO」は、SBDD(Structure Based Drug Design)で利用されるタンパク質立体構造データや複合体に関連する情報をデータベース化し、ウェブブラウザーにより 参照・解析できるシステムです。
PDBの公共データと自社で構造解析された複合体データを共通のデータベースで管理することができ、構造生物学者や計算化学 者、実験研究者など様々な立場の研究者がタンパク質立体構造に関連する情報を共有することができます。 PSILOでは、タンパク質立体構造データに関して次のような検索、アノテーション情報の参照、解析を行うことが出来ます。 
  
【 検索 】
・タンパク質-リガンド相互作用
・類似タンパク質ポケット
・キーワード、配列アノテーション
・リガンドの部分構造、類似構造
・タンパク質アミノ酸配列、抗体アミノ酸配列

【 タンパク質 】
・立体構造の表示と相互作用部位における重ね合わせ
・電子密度マップと座標データの重ね合わせ
・タンパク質立体構造の妥当性のチェック
・活性部位/相補性決定領域(抗体)の残基
・相同配列
・SCOPファミリーデータ
・Gene OntologyやInterProの各種アノテーション

【 リガンド 】
・相互作用部位の2D図
・SMILES表記、InChi表記
・結合次数の修正

本セミナーでは、PSILOの検索、参照、解析などの各機能をご説明するとともに、実際にPSILOを体験していただくことができます。

皆様のご参加をお待ちいたしております。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のために、紹介セミナー(2021年8月開催)はウェビナー形式で開催させていただきます。
大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解頂けますよう宜しくお願いいたします。

日時・場所

開催日 時間(受付) 定員 受付状況 会場
6月29日(火) 14:00-16:00
(音声映像テスト:13:45~)
なし 受付中 ウェブ
8月3日(火) 14:00-16:00
(音声映像テスト:13:45~)
なし 受付中 ウェブ

参加費

無料

予定

◇ PSILOの概要
◇ データ検索・参照・解析の各機能の紹介
◇ 自社データの登録
◇ ユーザ管理機能

ウェビナーでの参加の注意点

・ウェビナーへのログインはTeamsアプリ(推奨)、Microsoft Edge、Chromeのいずれかで行ってください。
・弊社から指定したログイン名でウェビナーにログインください。ログイン名は参加申し込み時にご連絡いたします。
・ご質問時間以外はマイクはOFF設定にしてください。
・ウェビナーの動作保証は弊社ではいたしかねます。

参加申し込み

以下項目をご記入の上、受付窓口()にメールを送付ください。

①コース名「PSILO 紹介セミナー」
②参加日
③お名前とフリガナ
④貴社名(貴学名)
⑤ご所属(部署名/研究室名)
⑥ご住所
⑦メールアドレス
⑧電話番号

1営業日以内にいただいたメールアドレスに「受付確認メール」を送信いたします。
「受付確認メール」が届かない場合は、申し込みが正式に完了していない可能性がありますので、お手数ですがお問い合わせ窓口までご連絡くださるようお願いします


各セミナーの締切日は、開催日の5日前とさせていただきます。
参加人数によりまして開催を中止させていただくことがございます。予めご了承ください。

※ 弊社の個人情報取り扱い規定については、こちらをご覧ください。