CDD VAULT

概要

CDD VAULT
は米国 Collaborative Drug Discovery(CDD)社 により開発された、創薬研究のための研究情報共有プラットフォームです。製薬企業やバイオベンチャー、あるいは大学や公的研究機関の共同研究に最適です。
ケミストやバイオロジストが違う組織や遠隔地にあっても、ウェブブラウザーからインターネット経由でアクセスできるためお互いの進捗をタイムリーに把握できコミュニケーションがスムーズにとれます。その結果、合成した化合物をスクリーニングして、そのSAR解析の考察から新たな化合物を合成するという創薬研究のサイクルをスピードアップできます。
クラウドによるサービス提供ですので、トータルの運用コストを抑えつつハイエンドな機能を利用できるだけでなく、利用者自身が登録したデータとシステム内で公開されている各種公共データとを安全にかつシームレスに組み合わせて解析を行えるという利点があります。

創薬研究のサイクル

用途

こんな方にお勧めです。
  • 複数の企業や研究機関が参加する共同研究をしている。
  • システムの管理に人をさけない、サーバーの管理はできない。
  • 高機能なシステムを使いたい。
  • すぐに利用を開始したい。

ご評価・お問い合わせ

CDD VAULT の公共データベースは無料でご利用いただけます。また、ご自身のデータの登録やアクセス制御を無償で30日間お試しいただけます。こちらよりお問い合わせください。その他、資料のご請求やデモンストレーションのご依頼も同ページから承ります。お気軽にお問い合わせください。

パンフレット

CDD社について

CDD社はEli Lilly社からのスピンアウトにより設立されました。 2004年以来のシステムの稼働率は99.98%であり、高い安定性を維持しています。
CDD 社のサイトもあわせてご覧ください。

関連製品

Daylight
情報化学システム構築ツール
CBIS
研究情報共有システム
Dotmatics
創薬インフォマティクスソフトウェア
Scillingece
ライフサイエンス・ソフトウェア