ChemTunes & ToxGPS

概要

ChemTunes & ToxGPSは、化合物の安全性評価とリスク評価のための毒性・安全性に関連するデータベース(ChemTunes)と知識ベースの予測・ワークフローシステム(ToxGPS)を統合したプラットフォームです。医薬品、化粧品、食品、工業用およびその周辺化合物を対象としており、化合物の毒性学研究・安全性研究全般で利用することができます。ChemTunesに搭載のデータベースは、規制機関のデータ・ソースや毒性学データ・ソースから構築されており、専門家により品質管理されたin vitroおよびin vivoの毒性情報で構成されています。ToxGPSは、ヒトの健康と規制関連の一連のエンドポイント(in vitroおよびin vivo)に対する予測・ワークフローシステムです。QSARモデルとケモタイプ・アラートの両方の予測結果を証拠の重み付けにより評価することで全体の不確実性を最小限に抑え、最終的な結果を予測します。

ChemTunesとToxGPSのワークフロー

ChemTunesとToxGPSのエンドポイント

活用の領域

  • 化粧品、医薬品、食品、工業化学物質および関連業種
  • 規制用途
  • 毒性学研究分野
  • 薬剤設計とリード化合物の特定
  • 化学物質の安全性に関連するすべての業種

パンフレットpdf

ChemTunes & ToxGPS (1.0MB)

ChemTunes & RepDose (0.7MB)

MN-AM社ウェブサイト


MN-AM
社のウェブサイトもあわせてご覧ください。

関連製品

Chemotargets CLARITY
ターゲット・作用機序予測プラットフォーム
OFF-X
医薬品安全性アラートサービス