MOE

概要

 

MOE(Molecular Operating Environment)は、カナダCCG社が独自に開発したSVL(Scientific Vector Language)を搭載する統合計算化学システムです。

MOEは、使いやすいインターフェイス、ソースコード公開の豊富なアプリケーション、整理された分子データベース、Windows/Mac/Linuxをサポートするマルチプラットフォーム、目的に応じて使い分けできる複数の使用モード、柔軟なライセンス形態により計算化学者から実験研究者まで幅広い分野の研究者のニーズに答えることのできるソフトウェアです。

MOEは、化合物、ペプチド、タンパク質、抗体、核酸、合成ポリマーなど様々な分子系のモデリングとシミュレーションに対応しており、創薬モダリティ研究を強力に支援します。

アプリケーション


MOE全体パンフレット

  • MOE パンフレット (21MB)
  • MOE Brochure (English, 2MB)
  • MOE機能別パンフレット

  • MOE 2019.01新機能パンフレット (0.6MB)
  • MOEsaic (0.8MB)
  • 核酸モデリング(0.4MB)
  • 抗体モデリング (0.7MB)
  • タンパク質変異体解析 (0.5MB)
  • ペプチド解析 (0.3MB)
  • Solvent Analysis (0.3MB)
  • MOEカスタムアプリケーション

  • PROTAC Modeling Tools(PROTAC開発用アプリケーション) (0.7MB)
  • Bio-MOE(バイオ医薬品開発アプリケーション) (0.6MB)
  • MOE-QFSS(化合物ライブラリー超高速検索) (0.6MB)
  • MOE-ASEDock(ドッキングシミュレーション) (0.6MB)
  • MOE-Extensions for KNIME (MOE KNIME I/F) (0.7MB)
  • CCG社について

    開発元であるCCG社の概要ページおよびCCG社の Webサイトもご覧下さい。

    Chemical Computing Group
     

    関連製品

    BioSolveIT社製
    創薬支援ツール
    Daylight
    情報化学システム構築ツール
    PSILO
    タンパク質立体構造情報データベースシステム
    Chemotargets CLARITY
    ターゲット・作用機序予測プラットフォーム