SciMAPS

データ解析

 データ解析機能 ~シミュレーションデータを共通のツールで解析~

SciMAPSは、シミュレーションプログラムによらずスケールや手法に応じた共通のデータ形式でシミュレーションデータを読み込みます。共通形式のデータは解析ツールにより可視化されます。物性解析をする上でシミュレーションプログラムと連携して計算を行うことがあります。このような物性解析は、特定物性解析ツールとして提供されます。

基本解析ツール

TRAJECTORY ANALYSIS

  • □分子シミュレーション解析機能
    • 分子シミュレーションの計算結果のアニメーション表示
    • 動径分布関数の計算
    • 平均二乗変位と自動フィッティングによる拡散定数の計算
    • 自由体積計算およびその表示
    • 任意の組み合わせのデータに対する相関関数
    • 構造(結合距離、結合角、二面角、面外角)やエネルギーの時間変化およびその頻度分布のグラフ化
  • □電子状態解析機能
    • 軌道準位、バンド構造図および状態密度図の表示
    • 基準振動解析のアニメーションと矢印による振動モードのベクトル表示
    • 分子軌道の等値面表示
    • 振動スペクトル表示
    • NMRスペクトルの表示

MAPS INSPECTOR

SciMAPS上に読み込まれた分子や原子の情報のリスト表示や情報を基に特定の分子や原子の選択を行うことのできるツールです。

POROSITY ANALYSIS

ゼオライトやアモルファス構造中の空隙を解析することのできるツールです。空隙間を通ることのできる最大の球の直径や空隙内に入る最大の球の直径の解析、系内にある空隙の大きさの分布のグラフ化することができます。

特定物性解析ツール

ReaxFF Analysis

結合の生成、開裂を取り扱えるよう設計された力場ReaxFF 1)とLAMMPSを利用して得られた計算結果を解析するプログラムです。ReaxFF Analysisはシミュレーション中に生成、分解する分子種を解析し、その分子種の数の経時変化をグラフ化します。また、どのような反応が何回シミュレーション中に起こったかを表に表示して、反応中間体や反応経路に対する知見を得ることができます。

Elastic Properties

Elastic propertiesは高分子、固体などに対して弾性(ヤング率や特性比など)を計算するためのプログラムです。サンプリングのためのLAMMPS計算の入力作成からその出力解析まで行うことができます。

関連製品

MedeA
材料設計支援統合システム
MOE
統合計算化学システム
TURBOMOLE
量子化学計算ソフトウェア
Direct Force Field
力場パラメータ開発ソフトウェア